上手に使えば一生もの?LEDの特徴や使用時の注意点を把握しよう!


消費電力量が少なく耐用年数が長い

LEDは照明機器の中でも長持ちすることで知られています。一般的な蛍光灯が約1万時間で切れるのに対し、LEDの寿命は約4万時間から5万時間です。一日の使用時間を12時間とした場合、9年以上は使うことができます。また、LEDと蛍光灯の消費電力量を比較した場合、LEDの方が約3分の1で済むので経済的です。さらにLEDの光には紫外線が含まれていないので虫が寄ってくることがありません。そのため、屋外で長時間使うのに適しています。LEDは元々、工業用の照明として開発されたことから低コストであることが重視されています。機器としての価格はLEDの方が割高ですが、長期的に見れば蛍光灯や電球よりもお得と言えるでしょう。

LED照明の特徴や注意点

LED照明の光は明度が高く、拡散しにくい特徴があります。光が一点に集中するので遠距離からでも明るく照らすことが可能です。スポットライトのような使い方ができるので、工事現場や吹き抜けの照明に適しています。長時間使い続けても発熱しにくいことから安全に使用できるのもメリットですが、一方でLED照明は衝撃に弱い欠点もあります。些細な衝撃でも性能が著しく低下するので交換作業を行う際は注意しなければいけません。また、LEDは長時間使い続けることを前提とした作りなので、頻繁にスイッチを作動させる使い方には向いていません。住宅の場合、トイレや浴室など短時間でスイッチを切り替える場所には適さないと言えるでしょう。

高性能で経済的なLED照明ですが、使用する環境を考慮して選択することが大切です。

LEDライトパネルは従来の液晶と比べて画面全体を均等に光らせることができるので、広告などへの利用にお勧めです。