車の免許が欲しい!合宿免許のメリットデメリットとは?


運転免許の取得方法について

日本の公道を走るための運転免許は、自動車学校を卒業するのが一番の早道です。自動車学校は今住んでいるところに通う方法もありますが、合宿免許でとる方法もあります。また、運転免許試験場で一発合格を狙う方法もあります。その場合は、まずは仮免の取得からはじまり、路上教習や本免学科試験、本免実技試験まですべて自動車免許試験場や免許センターで受けることになります。

合宿免許のメリットデメリットとは

合宿免許のメリットは、一般の自動車教習所にくらべて費用が安いということです。合格まで追加料金がないところもあるので、一般の自動車学校より安く卒業することが可能です。また毎日運転免許の練習ができるため、上達が早いという特徴もあります。

デメリットは、およそ2週間ほど自宅を留守にしなければならないという点です。これは、学生なら可能ですが社会人ではなかなか難しいことです。

県外でも免許は取れるの?

運転免許は全国どこの自動車教習所でも取得が可能です。しかし、最終の合格科目である学科試験は住民票のある都道府県の免許試験場でしか、受験することができません。住民票がある場所と卒業した自動車教習所が離れている場合、住民票のある場所に戻って試験を受けることになります。

車輛免許の種類について

免許には第一種運転免許と第二種運転免許があります。第一種運転免許とは、普通免許、中型免許、大型免許などです。また普通二輪免許、大型二輪免許、原付免許なども含まれます。

これに対しお客さんを乗せるための営利目的で運転する免許を第二種運転免許と呼んでいます。これには、バスやタクシーなどのほか、自動車運転代行業や民間救急車、介護施設の送迎のための車などが含まれます。

合宿免許は費用が安い特徴があります。教習所に通うプランで入校するよりも安い料金に設定されているので、地方であっても申し込みをする価値はあります。