日本のCAD導入で見えてきたデザイン重視の変化とは


CADの導入で変わる図面作成の効率

CADは、建物の平面図を作成するためによく使われます。特に大きなマンションなどでは、さまざまな目的で建築図面を作成するために使われます。CADの一般的な使用法の一つは、空間の3Dモデルを作成し、それを3Dプリンタで高精細にプリントアウトすることです。また、建築図面やインテリアのプラン制作にも使用されます。日本の場合、CAD業界は大きく成長しています。当初は “computer assisted drafting “と呼ばれていましたが、”computer aided design “の略語となり、図面が「design=デザイン」としての新たな役割を得たのです。

そして、CADソフトは、CAD(Computer-Aided Design)プログラムと図面作成プログラムの2つに分けられます。CADプログラムがコンピュータを使ってデザインを作成するためのソフトウェアであるのに対し、図面プログラムは実際に図面を作成するプロセスに使用されます。そして、CADデザイナーの登場です。

CADデザイナーの仕事を理解する

CADデザイナーとして企画から設計まで見据えて仕事をスタートするには業界事情を正しく理解する必要があります。例えば、多くのCADデザイナーを抱えている会社は、ほとんどが小規模で、数枚の図面を作成するところから始まります。大企業でも中小企業でも仕事内容にそれほど違いはなく、CADデザイナーの役割は共通しています。日本では「ソフトウェアデザイナー」とも呼ばれますが、他にも他にもさまざまなデザインの仕事をしながらCADのデザインや図面作成をしているのです。このようにデザインを意識して初期から業務にかかわる存在が出てきているのです。

電気CADの利用はライセンスが必要となります。いろいろな人が使えるライセンスと個人が特定されるライセンスがあるため使用環境によって選定することがポイントです。